エンタープライズIT

エンタープライズ バックアップユースケース



電子データが爆発的に増えるにつれ、バックアップに割り当てられる時間帯、すなわちバックアップウィンドウは小さくなっています。ビッグデータという新たな時代にもかかわらず、ITとバックアップ管理者は、新時代のデータ需要に対処するために、旧式な方法を使うことを求められています。結果として、ITとバックアップ担当者は、オンサイトとオフサイトのバックアップ管理や、防火訓練のようにデータ復旧を行うことに法外な時間と予算を使っています。現在、まさにビッグデータをバックアップし、実ビジネスの手元に戻すことができる、コスト効率の良い、使い易い方法があるのです

バックアップにおいて解決すべき課題

現状、ITは、非常に短いバックアップウィンドウで、モバイルデバイスの普及や、クラウドという概念すらなかった20年前に作られた旧式の技術で、増加し続けるデータをバックアップするという難題に挑んでいます。結果として、IT管理者は、常に故障を直し、テープやテープ装置の取り扱いに長時間を使い、脆弱なバックアップ基盤を保守しながら緊急のリストア要求に応えています。問題がある場合の唯一の解決方法は、効率性からはほど遠いとは知りながらも、ハードウェアと人を投入することです。

課題解決方法:Cloudian HyperStoreストレージ

Cloudian Object Storage Softwareこういった難題に対処するため、クラウドストレージソフトウェア製品を提供するクラウディアンは、エンタープライズとマネジドサービスプロバイダーに経済的で強力なデータ保護を提供する、最先端のバックアップソフトウェア企業と提携しています。このソリューションにより、急増するデータ量と小さくなり続けるバックアップウィンドウから生じる課題に対処できるように、現状のバックアップの仕組みを再構築できます。

さらに、ひとつのソリューションでバックアップと災害復旧対策を組み合わせることも可能となります。データをテープや専用バックアップ装置にバックアップする代わりに、バックアップデータの保存に汎用ハードウェアを活用し、バックアップソリューションを購入保守するコストを飛躍的に低減します。

「私たちの調査では、バックアップはITにとって重要な課題であり続け、そしてクラウドやビッグデータの時代になり、より簡単なものになっている」451リサーチ、バイスプレジデントのサイモン・ロビンソンは語っています。「クラウドベースのバックアップに対する関心はすでに強く、特に中小規模企業に好ましい展開方法として、ハイブリッドモデルが登場している。Cloudian HyperStoreソフトウェアは、バックアップと災害復旧対策を組み合わせ、拡張性があり、シンプルで、経済的なデータ保護ソリューションを探すための重要なステップである。」

バックアップと災害復旧対策の組み合わせ

Cloudian HyperStoreソリューションは、バックアップ用の2つの複製を、ひとつはローカルのデータセンター、もうひとつを災害復旧対策拠点に配置することで、バックアップと災害復旧対策を組み合わせています。ITはもはや、時間を浪費するだけではなく、最も必要な時にデータリストアを遅らせる災害復旧対策拠点へのテープの配達や回収を心配することはありません。

既存の仕組みを維持

このソリューションは、既存のバックアップ基盤に簡単に導入できます。テープや専用バックアップ装置にバックアップアプリケーションを向ける代わりに、オンプレミスかクラウドに設置されたCloudian HyperStoreサービスにバックアップされます。

パブリック、プライベート、ハイブリッドの選択

このソリューションは展開方法を選択できます。それらは、全てのバックアップデータがファイアーウォール内にあるプライベートクラウドバックアップ、全てのバックアップデータがサービスプロバイダーの拠点に保存されるパブリッククラウドバックアップ、または、ひとつの複製がローカルにあり、もうひとつの複製がサービスプロバイダーの拠点に保存されるハイブリッドクラウドバックアップです。ハイブリッド展開の選択は、遠隔拠点にバックアップの災害復旧対策用複製を配置すると同時にデータのリストアの性能を上げます。

汎用的なサーバーを使い構築

Cloudian HyperStoreソフトウェアは専用装置が不要です。ソフトウェアは、汎用サーバー上で動作し、自動的にハードウェア障害に対処します。つまり、Cloudian HyperStoreソフトウェアは汎用サーバーを使うことで、バックアップ装置の購入保守費用を大幅に削減します。



バックアップにおいて得られる利点

迅速なバックアップとリストア:全てのバックアップデータはオンラインで保存されるため、バックアップとリストア時間は大幅に短縮され、該当するテープを探して読み出す手間がなくなります

コスト効率と経済性:Cloudian HyperStoreは汎用サーバーを使うため、同様のソリューションに比べ、経済性が高くなります。加えて、管理コストはより低くなります。

フォークリフトアップグレードの排除:このソリューションは、数テラバイトから数百ペタバイトまで拡張します。つまり、フォークリフトアップグレードする必要無く、成長に応じて、小規模から始め大規模に拡張させることができます。

サマリー

Cloudian HyperStoreは、バックアップソフトウェア・パートナーと協業することで、エンタープライズとマネジドソリューションプロバイダーのビッグデータ・バックアップへの課題に対応します。このユニークなソリューションは、バックアップと災害復旧対策を組み合わせ、従来からのデータ保護の方法を簡単にし、ビッグデータ・バックアップ・ソリューションの導入と運用のコストを大幅に下げるのです。

パートナー

CAARKserve          CTERA          Fileforce