エンタープライズIT

セカンダリストレージユースケース



File Sync ファイルサーバーに保存されているファイル数とそのデータ量は増加し続けています。その一方で、頻繁にアクセスして利用するファイル数は限られています。ある調査によれば、80%のファイルは1年以上アクセスされないものの、ファイルサーバーに保管され続けているとのことです。

ファイルサーバーを運用するIT部門が勝手にこれらのアクセスの少ないファイルを削除することもできず、これらのファイルがファイルサーバーのストレージ容量を圧迫し、性能を劣化させます。その結果として、より大容量で高性能のストレージへの置換を繰り返すことになります。

このような企業IT部門が抱える悩みは、SDS(ソフトウェア定義ストレージ)と汎用サーバーをハードウェアとして使う、CLOUDIAN HyperStoreのような経済的なスケールアウト型オブジェクトストレージをセカンダリストレージとして使うことで解決できます。

特に、ファイルのサイズ、更新日時、利用頻度といったポリシーに応じて、自動的にファイルサーバーに使うプライマリストレージからファイルをセカンダリストレージに転送すれば、既存のストレージを変更することなく、ファイルを保存するストレージ容量を拡張でき、かつ運用管理の手間を大きく減らすことができます。

得られる効果



  • 既存のストレージを変更せずに、セカンダリストレージで容量拡張
  • 高額なプライマリストレージの性能を維持
  • アクセス頻度の少ないファイルを自動転送することで、運用管理作業を削減
  • セカンダリストレージがデータの分散配置・複製をすることによる冗長性確保

 

パートナー



ZiDOMA