ニュース

プレス・リリースPress release

CloudianとCitrixが提携。CloudStackにおけるS3互換クラウドストレージのシームレス展開が可能に

クラウド・プラットフォームの主導的プロバイダー2社の提携により、Amazonスタイルのクラウドをあらゆる規模の顧客に提供へ

2012年5月10日

クラウディアン株式会社

2012年5月9日、サンフランシスコ、Citrix Synergy、903ブース -  本日、クラウディアン(以下、「CloudianInc」)は業界最高水準のクラウドストレージ・ソフトウェアであるCloudian(クラウディアン)と、現在Apacheソフトウェア財団がインキュベーションしているオープンソースのApache CloudStack(クラウドスタック)プロジェクト、Citrix CloudPlatformとの統合を発表しました。この統合によりクラウドサービス・プロバイダーやエンタープライズは、最先端のクラウドコンピューティング基盤を備えたS3互換のクラウドストレージを迅速かつ高い費用対効果で、シームレスに展開できるようになります。

CloudianとApache CloudStackの統合は、S3互換のクラウド・オブジェクトストレージサービスをCloudStackのクラウド・コンピュート環境におけるファイルシステム要件に合致させるものです。これにより、CloudStackのユーザーやユーザーのアプリケーションには次のメリットがあります。

(1) CloudStackのユーザーやユーザーのアプリケーションは、通常のCloudianのユーザーと同様に直接S3のクラウドストレージを使うことができ、S3エコシステムの多様なツールやアプリケーションが利用できるというS3互換のメリットを享受できます。

(2) CloudStackのテンプレートやスナップショットは、Cloudianを通じて一元管理されながら、Cloudianのマルチ・データセンター対応のストレージ機能を使い複数のデータセンターやCloudStackのZone(ゾーン)をまたがる利用が可能になります。また、クラウド環境内のアプリケーションのデータバックアップや復旧が可能になります。

(3) Cloudianのクラウド管理コンソール(Cloud Management Console)とCloudStackの統合により、クラウドサービス・プロバイダーやそのユーザーは直感的に利用できるユーザー・インタフェースを介し、クラウドストレージやクラウドコンピューティング・サービスにアクセス、管理できます。

「今クラウドコンピューティングはあらゆる業界、地域、組織の規模を超えて広く採用されつつあり、多様な応用シナリオに基づく事業へのITの適合化が進んでいますが、クラウドストレージは不可欠であり、最優先事項です。」とCitrixのクラウド・プラットフォームマーケティング担当の副社長、Peter Ulander氏は語ります。「Cloudianのオブジェクト・ストア技術は、拡張性や性能のみならず、Amazon Web Service(アマゾン・ウェブ・サービス)との準拠性や相互運用性という点で、弊社のクラウド・サービス構築のビジョンに良く適合します。Cloudianとの提携により、顧客による真のアマゾン・スタイルのクラウド構築のお手伝いができることを楽しみにしています。」と述べています。

「CitrixとCloudianは、拡張性や可用性が高く、強力なクラウド・ソリューションの提供という目標を共有しています。」とCloudianのエンジニアリング部門の副社長であるGary Ogasawara氏は語っています。「今回のユニークな統合により、一元化されたクラウドストレージを提供します。Cloudianのオブジェクト・ストレージはS3 HTTP APIを経由してアクセス可能ですが、共通のUIの元にあるCloudStackのコンピュート・ホストからも直接アクセス可能になります。Cloudian + CloudStackの展開により、効率的で拡張性の高いストレージへターンキーでアクセスできるのです。」

CloudianはS3 API準拠、マルチ・テナント対応、マルチ・データセンター対応のクラウドストレージ・プラットフォームであり、顧客がパブリック・クラウドやプライベート・クラウド内で拡張性や信頼性の高いオブジェクトストレージ・サービスを提供することを可能にします。Cloudianは単一障害点のない、完全な分散型、ピア・ツー・ピアのアーキテクチャーです。また、エンドユーザーのアプリケーションや、課金、監視、プロビジョニング等の管理機能の両方に対応する包括的なUIも提供しています。Cloudianは一台のノードから複数のデータセンターをまたがる数百台の規模まで容易に拡張でき、ペタバイト級に対応し、異機種混在の汎用サーバーを利用して費用対効果の高い水平的拡張を実現可能にします。

「Cloudian」の詳細は次のサイトをご覧ください。

http://cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian.html

「Cloudian」は法人であれば30日間無料で試験版が利用できます。既に国内外100社近くにお申込みをいただいています。詳細は次のサイトをご覧ください。

http://cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian_eval_agr.php

クラウディアン株式会社について

クラウディアンは、S3 API準拠のクラウド・ストレージ製品である「Cloudian」や、NOSQLデータベースである「Hibari®」を始めとする通信事業者向け大規模商用システムから、サービスプロバイダーおよびエンタープライズ向け高品質ソフトウェアに至る商用製品の企画・開発・提供を行っています。東京、サンフランシスコ、北京にオフィスがあります。

Cloudianは、CloudianKKの登録商標です。