ニュース

プレス・リリースPress release

クラウディアン社のクラウドオブジェクトストレージ製品Cloudianが、バックアップ/リストア製品CA ARCserveとともに利用可能に

~日本で最も使われているCA ARCserveとCloudian採用クラウドストレージで、企業の重要データを経済的に二重、三重にバックアップ~

2013年2月26日

クラウディアン株式会社

クラウディアン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下、クラウディアン)は、CA Technologies (東京都千代田区、代表取締役社長:内藤 眞)が提供するバックアップ/リストア・ソフトウェア製品、CA ARCserve®BackupおよびCA ARCserve®D2Dの2月26日発表の最新版r16.5とr16と、クラウドオブジェクトストレージ製品Cloudian®との接続性を相互に公式確認しましたのでお知らせいたします。

CA ARCserve Backupは、日本で最も利用されているバックアップ/リストア・ソフトウェア製品です。使いやすい日本語ユーザインターフェイスを備え、ディスクからディスク、ディスクからテープへのバックアップはもちろん、多様なバックアップ/リストア機能を標準で搭載したソフトウェアです。さらに、データ重複排除機能によって、バックアップデータやストレージの無駄を省いたり、さまざまなタイミングでのデータ暗号化機能によってデータを安全・確実に保護します。また、CA ARCserve D2Dは、Windows環境に対応した最も簡単なイメージバックアップ製品で、システム全体をすばやく丸ごとディスクにバックアップし、丸ごとリストアしたり、ファイル単位でリストアするのに最適な製品です。

CA ARCserveとCloudianとの接続性が相互に公式確認されたことにより、CA ARCserveの利用者はもとより、ストレージのコスト削減に課題を抱えるバックアップ利用者は、Cloudianを採用するニフティの「ニフティクラウドストレージ」、NTTコミュニケーションズの「Biz ホスティング Cloudn(クラウド・エヌ) Object Storage」等、日本を代表するクラウドストレージサービスをデータのバックアップ/リストア元として選択できることになりました。

従来、データの1次バックアップはディスクに書き込み、時間のあるときにテープに書き込む、いわゆるD2D2T(Disk to Disk to Tape)と、バックアップ/リストアの迅速化を図るためにディスクを利用するD2D2D(Disk to Disk to Disk)の2つの方法が主流でした。このたびの接続性確認により、クラウドストレージをバックアップデータの保存先とするD2D2C(Disk to Disk to Cloud)の流れが、日本においても本格化すると期待されます。

D2D2CとしてCloudian採用クラウドストレージをバックアップ先として選択すれば、企業は自らバックアップ用ディスクを購入準備する必要がなく、地域冗長や事業者分散等の災害復旧対策も考慮しながら、経済的に迅速にデータを二重、三重に保護できるようになります。また、Cloudianは、汎用サーバーをハードウェアとして使う実用性の高いソフトウェア製品であることから、ベンダーロックインに陥りがちな高価な専用ストレージ装置よりも経済的に、柔軟性、拡張性の高い企業内/プライベートストレージシステムをバックアップ用として自社構築することもできます。

このたびの両製品の接続性を相互に公式確認したことについて、CA Technologiesの代表取締役社長 内藤 眞様は次のように語っています。

「CA Technologiesは、CA ARCserve BackupおよびCA ARCserve D2Dと、クラウディアン社のクラウドオブジェクトストレージ製品Cloudianの相互接続が確認され、Cloudianの標準的なバックアップ製品として発表されたことを心より歓迎いたします。 多くのバックアップ利用者にとってストレージコストの削減は大きな課題のひとつとなっており、クラウドへのバックアップデータの保管は近年高い注目を集めています。こういった状況の中で、柔軟性、拡張性に富んだCloudianを選択いただけるようになったことにより当社は、ますます利便性の高いバックアップ運用をご提案できるものと確信しております。 今後もより一層クラウディアン社との密接なパートナーシップを継続し、災害対策に強いバックアップ/リカバリソリューションをご提供いたします。」

CA ARCserveシリーズの詳細については、< http://www.arcserve.com/jp >をご覧ください。

本接続検証結果に関する詳細は、こちらのスライドシェアでご覧いただけます。

Cloudian(クラウディアン)について

Cloudianは、国内外のクラウドサービスに商用採用されているクラウド・オブジェクトストレージを構築するソフトウェア製品です。特に、CloudianのS3 APIは、Amazon S3のAPIと完全に互換するよう作られており、Amazon S3のサービスにアクセスできるアプリケーション、アプライアンス、ツールなどの接続先をCloudianソフトウェアで構築したオブジェクトストレージシステムに変更するだけで容易にサービスやシステムを置き換えることができます。また、汎用サーバーの内蔵ディスクをストレージ領域として使う経済性、サーバーを追加するだけで全体容量を弾力的に増加できる拡張性、複数サーバーとデータセンター間での自動複製による信頼性、商用サービスにも利用される多彩な管理機能といった特長も有しています。

「Cloudian」の詳細は次のサイトをご覧ください。

http://cloudian.jp/cloud-storage-products/

「Cloudian」は法人であれば30日間無料で試験版が利用できます。既に国内外150社近くにお申込みをいただいています。詳細は次のサイトをご覧ください。

http://cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian_eval_agr.php

クラウディアン株式会社について

クラウディアンは、S3互換のオブジェクトストレージを構築するパッケージソフトウェア製品のCloudianをはじめ、これまで国内外の通信事業者向けの大規模分散型システムを開発提供してきています。主なお客様はソフトバンク・モバイル、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、ニフティ、ネクステル・インターナショナル、ボーダフォングループ、Tモバイルグループ、アルカテル・ルーセント、ルナクラウド等です。日本、米国、中国に事業拠点を有しています。 詳細は、http://cloudian.jp/をご参照ください。

CA Technologiesについて

CA Technologies(NASDAQ: CA)は、複雑なIT環境を管理し、セキュアに保つITマネジメント・ソリューションを提供することで、お客様のビジネスに革新的なビジネス・サービスのデリバリを実現します。多くの企業が、データセンターからクラウドにいたるまで、イノベーションを加速し、インフラストラクチャを変革し、データや認証をセキュアに保つために、CA TechnologiesのソフトウェアやSaaSソリューションを利用しています。CA Technologiesの詳しい情報については、< http://www.ca.com >(米CA Technologies)、< http://www.ca.com/jp >(日本)をご覧ください。また、Twitterについては、< https://twitter.com/#!/ca_japan >をご覧ください。

※ 文中に記載している会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

※ Cloudianは、クラウディアン株式会社の登録商標です。