ニュース

プレス・リリースPress release

クラウディアン社、CloudianをインドネシアのPT Infinys System Indonesiaが採用

~コンシューマー及び中小エンタープライズ市場向け、 インドネシア初のオブジェクトストレージ・ソリューション提供へ~

2013年6月4日

クラウディアン株式会社

業界をリードするクラウドストレージソフトウェア企業であるクラウディアン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下、クラウディアン)は、インドネシア最大のクラウドサービス・プロバイダーの一つであるPT Infinys System Indonesiaが、コンシューマー市場および中小のエンタープライズ市場をターゲットとした、インドネシアで初のクラウドサービス提供のために「Cloudian®」ストレージソフトウェアを採用したと発表しましたのでお知らせいたします。

Infinys社は「Cloudian」を採用し、画像、ファイル、ビデオ等の多様なデータを保存できるオブジェクトストレージ・ソリューションを提供します。このサービスはInfinys社がコンシューマーや中小エンタープライズのニーズに対応するため、新たに「CLOUDKILAT」ブランドで展開するサービスの一つとして展開されます。「Cloudian」ストレージ・ソリューションのインストールや運用における企業IT部門の関わりが最小限で済むことから、クラウド化やその管理費用を大幅削減でき、「使いたい時に使いたい量だけ簡単に使えるストレージ」を実現します。

PT Infinys System IndonesiaのDondy Bappendyanto部長は次のように述べています。

「CLOUDKILATはインドネシアで最も画期的なクラウドサービスとして、新しく強力なソリューションを求める弊社の顧客の期待に応えるものです。クラウドストレージ製品を比較評価し、「Cloudian」を採用したのは、クラウドストレージを構築する上で最も包括的な機能を備えた、ターンキーのソフトウェアだったからです。特にAmazon S3との互換性、使い勝手の良さ、多様な管理機能、柔軟な課金やプロビジョニング機能を高く評価しています。弊社の顧客はクラウドストレージの力を最大限利用できるようになります。」

Cloudian, Inc.のプロダクト・マネジメント担当V PのJay Desaiは、次のように語っています。

「東南アジアでPT Infinys Systemのような革新的なクラウドサービス・プロバイダーに「Cloudian」のソリューションを提供でき、嬉しく思います。両社の協力により、エンタープライズの顧客にパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドのいずれの環境でも、Amazon S3準拠のクラウドを構築できるようにし、クラウドストレージの拡張性、信頼性、パワーを享受してもらうことができます。」

Cloudian(クラウディアン)について

CloudianはS3 API完全準拠で、マルチテナントやマルチデータセンターに対応する唯一のクラウドストレージです。企業やサービス事業者は、パブリッククラウドやプライベートクラウド環境で、拡張性や信頼性の非常に高いオブジェクトストレージを展開できます。Cloudianは完全分散型の、ピア・ツー・ピアのアーキテクチャーを持ち、単一障害点がありません。また、エンドユーザーのアプリケーションだけでなく、課金、監視、プロビジョニング等の管理機能にも対応する包括的なユーザーインターフェースも提供しています。ノード1台から、複数のデータセンターに跨る数百台のノードまで拡張可能であり、ペタバイト級のデータに対応し、異種混在の汎用サーバーを用いて、コスト効率の高い水平拡張を実現します。

「Cloudian」の詳細は次のサイトをご覧ください。

http://cloudian.jp/cloud-storage-products/

クラウディアン株式会社について

クラウディアンは、S3互換のオブジェクトストレージを構築するパッケージソフトウェア製品のCloudianをはじめ、これまで国内外の通信事業者向けの大規模分散型システムを開発提供してきています。主なお客様はNTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、ニフティ、ネクステル・インターナショナル、ボーダフォングループ、Tモバイルグループ、アルカテル・ルーセント、ルナクラウド等です。日本、米国、中国に事業拠点を有しています。 詳細は、http://cloudian.jp/をご参照ください。

※ 本文書内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。

※ Cloudianは、クラウディアン株式会社の登録商標です。