ニュース

プレス・リリースPress release

クラウディアンは、ビッグデータのクラウドストレージに最適な、Amazon S3互換「Cloudian®」の商用版ソフトウェア製品をリリースしました。

~ギガバイトあたり月額0.9円から~

2011年7月19日

本日、クラウディアン株式会社 (東京都渋谷区、代表取締役 太田洋 以下、クラウディアン) は、CloudianR(クラウディアン)ソフトウェアの商用版リリースと使用料金を発表しました。Bronzeグレードの場合、ストレージ・ギガバイトあたり月額0.9円、最低月額使用料19万4千円から使用できるパッケージソフトウェア製品、Cloudianの特徴は次のとおりです。

  • クラウドストレージのためのパッケージソフトウェア製品 (≠サービス)
  • アップグレード、保守、ライセンスの全てを含むソフトウェア使用料金
  • クラウドストレージの事実上の標準となり始めたAmazon S3 API準拠
  • 利用者やグループ個別に従量制課金ができる統計、課金計算機能
  • 大規模分散に最適なNOSQLデータベースを実装し、汎用サーバーを追加するだけで段階的にクラスターを水平拡張(スケールアウト)でき、テラバイトからペタバイトのいわゆるビッグデータを経済的にストレージ
  • データの自動複製、ノード障害時の自動復旧、ノード追加時の自動リバランス、単一障害点の無いアーキテクチャ、マルチデータセンター機能(オプション)などによる高信頼性と高可用性
  • 多数の利用者(テナント)とグループが同時利用できるマルチテナント機能と、利用者やグループ単位管理、それぞれの利用量とリクエスト数、アクセスを管理できるQoS機能
  • パブリッククラスタとプライベートクラスタの双方を構築可能

このCloudianは2011年3月11日より試験版提供をしており、すでに日米10社を超える大手通信事業者、大手ISP、システムインテグレーター、ソフトウェア開発ベンダー、データーセンターなどによる導入検討と検証が行われています。年内にはCloudianソフトウェアを使用した商用のクラウドストレージサービス開始も見込まれています。

Cloudianは、Bronze、Silver、Goldという、サポート内容とソフトウェア使用料が異なる3つのグレードがあります。このうちBronzeグレードの場合は、

1) ストレージ・ギガバイトあたり月額0.9円(2複製の場合は1.8円、
  3複製の場合は2.7円)のストレージ・ギガバイト単位の使用料金
2) 1サーバーあたり月額27,000円のサーバー台数単位の使用料金

のいずれかの料金体系から選び、いずれの場合も最低月額使用料194,000円から、年間契約にて使用することができます。

3つのグレードのサポート内容と使用料金の詳細とCloudianの詳細については、はこちらのサイトをご覧ください。

トライアル版の利用のお申込みはこちらになります。

クラウディアンについて

クラウディアンは、S3 API準拠のクラウド・ストレージ製品である「Cloudian」や、NOSQLデータベースである「HibariR」を始めとする通信事業者向け大規模商用システムから、サービスプロバイダーおよびエンタープライズ向け高品質ソフトウェアに至る商用製品の企画・開発・提供を行っています。東京、サンフランシスコ、北京にオフィスがあります。さらに詳細な情報は、こちらになります。

Hibari® は、クラウディアン株式会社の登録商標です。
Cloudian®は、Cloudian, Inc. and K.K.のトレード・マークです。