ニュース

プレス・リリースPress release

Amazon S3準拠クラウドストレージサービスの提供開始のお知らせ ~ギガバイト単位課金を実現したクラウドストレージのβ版サービス開始~

2011年8月1日

株式会社クララオンライン
ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ株式会社

株式会社クララオンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本賢太郎、以下「クララオンライン」)は、クラウディアン株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役 太田洋、以下「クラウディアン」)のCloudianR(クラウディアン)ソフトウェアを使用したAmazon S3準拠クラウドストレージサービスの提供を開始致します。

インターネット、ソーシャル・メディアの急成長に伴い、インターネットビジネスは今膨大なデータ増加(いわゆるビッグデータ)に直面しています。このようなデータ増加問題を経済的に解決するために、拡張性や信頼性が高く、かつ最適にパーソナライズ化された製品やサービスを利用することが求められています。

これらの要望に応えるため、クララオンラインでは、より経済的にストレージを利用できるクラウディアンのCloudianを導入し、ギガバイト単位課金で利用できるクラウドストレージサービスの提供を実現しました。Cloudianは2011年3月11日よりクラウディアンによる試験版が提供されており、すでに日本、米国、アジアにおいて10社を超える大手通信事業者、大手ISP、システムインテグレーター、ソフトウェア開発ベンダー、データーセンターなどによる導入検討と検証が行われています。

クラウディアンは、マルチテナント・クラウドストレージのためのパッケージ・ソフトウェア製品であるCloudianのほか、大規模分散型キー・バリューストアであるHibariRを商用開発し、それをオープンソースリリースするなど、リアルタイム・ビッグデータに最適なNOSQL技術のパイオニアです。

本サービスは、正式版リリース前のβ版サービスとなります。正式版とサービスの内容に差異はありませんが、正式版では提供するオプションが変更される可能性があります。

クララオンライングループについて

クララオンライングループは、日本・シンガポール・中国・台湾・マレーシアの5つの国と地域でサービスを提供しているインターネットサービス基盤事業者です。詳細はクララオンラインのWebサイト(http://www.clara.ad.jp/)をご参照ください。

クラウディアンについて

クラウディアンは、S3 API準拠のクラウド・ストレージ製品である「Cloudian」や、NOSQLデータベースである「HibariR」を始めとする通信事業者向け大規模商用システムから、サービスプロバイダーおよびエンタープライズ向け高品質ソフトウェアに至る商用製品の企画・開発・提供を行っています。東京、サンフランシスコ、北京にオフィスがあります。詳細はクラウディアン株式会社のWebサイト(www.cloudian.jp/)をご参照ください。

※Amazon S3はAmazon.com,Incまたはその関連会社の登録商標または商標です。

※文中に記載しているその他の会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。