ニュース

プレス・リリースPress release

クラウディアンは、OpenStackコミュニティに参加し、Amazon S3との互換性等を機能追加した「Cloudian®-OpenStack ディストリビューション」をリリース

FOSTER CITY 2011年10月21日

クラウディアン株式会社

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 洋、以下 クラウディアン)は、本日、 OpenStack?コミュニティに参加し、Amazon S3互換マルチテナント・クラウドストレージ・システムであるCloudian®(クラウディアン)により、OpenStackにAmazon S3との互換性、プロビジョニング、課金APIを機能追加したソフトウェアパッケージである「Cloudian-OpenStackディストリビューション」をリリースすることを発表いたしました。

OpenStackは、Rackspace、Citrix、Dell、NASA、Ciscoを含む125以上の参加組織を有し、急速にパブリックとプライベートクラウドの業界標準となりつつあるオープンソースのクラウド・オペレーティングシステムであり、50,000近くのダウンロードがあります。

「Cloudian-OpenStackディストリビューション」は、OpenStackのNova、Swift、GlanceをCloudianとともに利用できるもので、OpenStackのユーザーは、Amazon S3との互換性、商用実績あるプロビジョニング、ユーザー管理と課金の機能が利用できます。これにより、サービスプロバイダーとエンタープライズユーザーは、Amazon Web Service(AWS)と同等のサービスを簡単に展開できるようになります。Cloudianは、バックエンドにCassandraを始めとする複数のオブジェクトストアをサポートしており、将来的にはSwiftもバックエンドのオブジェクトストアとする予定です。

「Cloudian-OpenStackディストリビューション」の利用例は次のとおりです。

Nova とCloudian

  • Novaの環境で動作しているアプリケーションは、S3 APIを経由してCloudianにデータを読み書きすることができます。
  • S3 APIを利用している既存アプリケーションは、データ格納のためにCloudianを利用しNova上で動作します。

Swift とCloudian

  • アプリケーションは、APIと機能要件に基づき、SwiftかCloudianを選択しデータを格納することができます。
  • アプリケーションは、CloudianとSwiftに、同時にデータを格納することができます。
  • サービスプロバイダーは、Swift APIとS3 APIによるパブリックとプライベート・クラウドソリューションの両方を提供することができます。

Glance とCloudian

  • Glanceは、Amazon S3サービスにNova仮想マシン(Virtual Machine)イメージを格納させることができます。簡単な設定変更により、Glanceユーザーは、VMイメージをCloudianソフトウェアで動作しているプライベートシステムに格納するか、Amazon S3サービスにするかを選択できます。

クラウディアンの「Cloudian-OpenStackディストリビューション」には、Nova、Swift、GlanceとCloudianの最新リリース版が含まれています。30日間の無償評価版ダウンロードのお申込みは、こちらをご参照ください

Cloudianについて

Cloudianソフトウェアは、Amazon S3互換のクラウドストレージ・システムです。Cloudianは、高容量、マルチテナント、マルチデータセンターに対応し、高い柔軟性を得るために複数のNOSQLストレージ・バックエンドをサポートするよう設計されています。リソースの仮想化、グループサポート、QoSコントロール、アクセス管理権限、レポーティングと課金機能により、エンタープライズやサービスプロバイダーは、低廉なコストの汎用ハードウェアにより、ターンキーでパブリックとプライベートクラウドを迅速に構築することができます。CloudianのAmazon S3互換のAPIは、エンタープライズやサービスプロバイダーにとって、Amazon Web Serviceのエコシステムにおける豊富で多彩なアプリケーションを利用できるという利点があります。

Cloudianの主な特長は次のとおりです。

  • S3 アドバンスドAPI 機能
    完全準拠であり、Amazon S3ベースのストレージクラウドに開発されたアプリケーションとシームレスに相互運用できます。
  • プロビジョニング、ユーザー管理、レポーティング、課金
    REST APIとブラウザベースのグラフィック・ユーザー・インターフェース経由によるフルターンキーのサービスプラットフォーム機能が利用できます。
  • QoS コントロール
    グループとユーザーレベルでストレージ割当、トランザクション割合、データ転送割合をコントロールできます。
  • アクセス管理権限
    グループとユーザーレベルでオブジェクトのアクセス・コントロールができ、オブジェクトのRead-Only、またはRead/Writeのアクセスを設定ができます。
  • 拡張性と弾力性
    ピア・ツゥ・ピアのアーキテクチャにより、単に新しいノードを加えるだけで拡張できます。自動データ分散により、サービス停止なしに追加容量を加えることができます。
  • 複製とマルチデータセンター
    障害耐性とマルチデータセンター・サポートにより利用者のディザスターリカバリーを可能にします。管理者はSLAとコスト面から複製数を設定することができます。
  • 高可用性
    ビルトインの障害復旧設定は、サーバーやデータセンター障害が可用性に影響を与えないことや、データの完全性を保証します。

Cloudianの詳細は、こちらをご参照ください。

OpenStackについて

OpenStackは、オープンソースの大規模クラウドコンピューティングシステムであり、業界標準を推進し、クラウド・ロックインを避け、サービスプロバイダーとエンタープライズにおけるクラウド技術の採用を促進しています。OpenStackは125以上の参加組織、1500人以上の開発コミュニティに寄与されており、2010年にはBlack Duck Software社により最も急成長するオープンソースコミュニティと称されました。OpenStackは、現状、3つの相互に関係する主要なプロジェクトを含みます。OpenStack Object Storage (完全分散オブジェクトストア、コードネーム:Swift)、OpenStack Compute (スケーラブルな計算処理プロビジョニング・エンジン:コードネーム:Nova)とOpenStack Image Service(イメージ保管と配信サービス:コードネーム:Glance)です。詳細情報とコミュニティ参加のためには、こちらをご参照ください。
www.OpenStack.org

クラウディアン株式会社について

クラウディアン株式会社は、S3 API準拠のクラウド・ストレージ製品である「Cloudian」や、NOSQLデータベースである「HibariR」を始めとする通信事業者向け大規模商用システムから、サービスプロバイダーおよびエンタープライズ向け高品質ソフトウェアに至る商用製品の企画・開発・提供を行っています。東京、サンフランシスコ、北京にオフィスがあります。

※Cloudian(R)は、Cloudian, Inc. とK.K.のトレード・マークです。

※Amazon S3はAmazon.com,Incまたはその関連会社の登録商標または商標です。

※文中に記載しているその他の会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。