サービスプロバイダー

サービスプロバイダー向けストレージ基盤Service Provider

Cloudian HyperStoreをクラウドストレージサービスの
ストレージ基盤に活用

サービスプロバイダーが解決すべき課題

Software-as-a ServiceとCompute-as-a-Serviceの高い効率が理解され、いまや大小規模を問わず、企業や組織は、ストレージ環境を運用管理するコストを削減するためStorage-as-a-Service(STaaS)の利用を検討しています。STaaSの出現は、サービスプロバイダーにとって、以前よりも包括的な方法で、広範囲のお客様に対して、あらゆるインフラストラクチャー要素(例:アプリケーション、コンピュート、ストレージ)をサービスとして提供する収益機会をもたらします。しかし、これを実現するためには、サービスプロバイダーは、経済的でアプリケーションと互換性あるパブリックストレージクラウドを構築する方法を見出さねばなりません。現状の方法の延長線では、このニーズを満たすことはできません。

伝統的に、サービスプロバイダーはSTorage-as-a-Serviceを提供するために既存のストレージ方式、つまり、Network Attached Storage (NAS)とStorage Area Networks(SAN)を活用してきました。しかし、これらの伝統的なストレージ技術は、小規模展開はできますが、大規模クラウドに拡張するには適していません。クラウドストレージに対する人気がますます高まるにつれ、マルチテナンシー、課金、サービス管理、セルフプロビジョニングといった特有の要件が求められます。また、経済性という点からすれば、専用ストレージシステムでは、パブリッククラウドストレージ市場において競争力ある価格水準を満たすことができません。

パブリックストレージをビジネスとして成り立たせるために、汎用的なハードウェアの活用と完全自動運用が必要です。パブリックストレージ市場で生き残るためには、ストレージ基盤における大胆な変革が必要なのです。Cloudian HyperStoreはシンプルに展開でき、強力でコスト効率の高いソフトウェアソリューションとして、このような変革を実現します。

課題の解決方法:  Cloudian HyperStoreストレージ

オブジェクトストレージソフトウェアは、サービスプロバイダにとって、汎用サーバーを使いSTaaSを管理運用できるため、その展開を迅速に可能にします。Cloudian HyperStore クラウド・オブジェクトストレージは、クラウドの先駆者であるFacebookやAmazonのように非常に成功しているWeb2.0企業と同様の技術を採用しています。

Cloudian HyperStoreは、ストレージ管理の方法を根本的に変えることにより、拡張性と使い易さを備えつつ課題を解決しています。

Cloudian HyperStoreは、パブリッククラウドストレージのためのシンプルで完成度の高いソフトウェアソリューションです。従来からのソリューションとは異なり、Cloudian HyperStoreはクラウドのために特別に設計されており、マルチテナンシー、料金設定、課金、サービス管理といった不可欠の機能や、クラウドサービスプロバイダーが自社ポータルにCloudian HyperStoreを組み込むことができるAPIも備えています

汎用的なサーバーとその上で動作するCloudian HyperStoreとの組み合わせは、利益を生み出すクラウドストレージのビジネス展開にとって理想的です。そして、Cloudian HyperStoreクラウド・オブジェクトストレージは、クラウドストレージを運用するための要件を備えています。物理的なリソース間にコンテンツを複製することで、ハードウェアやサイト障害の際にも自動的に対応します。Cloudian HyperStoreは完全マルチテナントであり、エンドユーザーが自分自身のストレージを簡単にプロビジョニングできます。Cloudian HyperStoreソフトウェアは、サービスプロバイダーにとって、アプリケーションやエンドユーザーの要求に応じて、簡単に拡張や縮退できる弾力的なストレージ基盤です。まさに、サービスプロバイダーは、非常にコスト効率の高いクラウドストレージビジネスを展開でき、お客様への付加価値サービス提供に集中できます。もはや、LUN、ボリューム管理、時間を浪費するデータ移行、バックアップや時間のかかる作業が不要になるのです。

サービスプロバイダーにおける利用例

  • Storage-as-a-Service (ストレージをクラウドサービスとして提供)
  • Backup-as-a-Service (バックアップをクラウドサービスとして提供)
  • DR-as-a-Service (DRをクラウドサービスとして提供)
  • File Sync & Share (ファイル同期・共有)
  • Archive-as-a-Service (アーカイブをクラウドサービスとして提供)


サービスプロバイダーが得られる利点

オブジェクトストレージは、サービスプロバイダーにとって、大小を問わない企業や組織に、コスト効率の高い、利益を生み出すストレージサービスを提供することを可能にします。Cloudian HyperStoreを採用するパブリッククラウドを提供することの主な利点は次のとおりです。

  •  バックアップ、ボリューム/LUN管理、コストのかかるデータ移行等の手間不要で、パブリッククラウドストレージ環境を管理するコストや複雑性を軽減
  •  パブリッククラウドの構築に高集積の汎用サーバーと内蔵ディスクを使うことでストレージ設備投資を軽減
  •  350以上のS3互換アプリケーションで提供する付加価値サービス(Storage-as-a-Service, Backup-as-a-Service, Archive-as-a-Service, File Sync and Share等)を拡張
  •  小規模(テラバイト)からスタートし、データの成長とともにペタバイト級に拡張可能
  •  複数データセンター機能により、コストとサービス品質 (SLAs) の最適バランス